レンタカーなら早朝から深夜まで時間を有効に活用できます

電車や飛行機には始発と最終があります。羽田空港は24時間利用できるようになりましたが、そこまでどうやって行くか。逆に深夜便で羽田について、モノレールの始発まで待ちますか。そうした際にもレンタカーが便利です。旅先でもレンタカーを借りれば、早朝や深夜の移動も自由です。

朝早くから動けます

ホテルや旅館のチェックイン、チェックアウト時刻は決まっていますが、今後はそうした制限を止めるパターンが増えるでしょう。つまり旅行中の限られた時間を有効に使うためには、早朝から動く必要があるからです。

とはいえ公共交通機関が動いていなければどうするか。タクシーも早朝は割増料金です。そこで利用したいのがレンタカーです。例えば旅先で早朝からダイビングや釣りをしたい場合など、レンタカーがあれば港までの足を確保できます。

深夜の移動も可能です

夜遅くまで時間を有効に活用したい場合もレンタカーが便利です。最近は深夜のイベントも多いです。山里で綺麗な星空や夜景を観賞するなら足の確保が欠かせません。弾丸ツアーであれば寝る間も惜しんで楽しむべきです。

もちろん寝ずに運転すると危険ですので、適度な仮眠をとりましょう。友達同士なら交代で運転しましょう。当然ですが飲酒運転は絶対にいけません。飲んだら乗るな。守れない人は、運転してはいけません。

地方は日中も移動しづらい

東京でもそうですが、朝夕の通勤通学時間帯は電車やバスも短い間隔で来ます。しかし日中になると、時間間隔が空きます。地方ならなおさらです。バスが1時間に1本しか来ないことなど、ざらにあります。

旅では、待ち時間の10分も惜しいです。それが積み重なると、最後の観光地で時間切れ、そんなパターンがあります。つまり夕方5時で閉まるお寺や美術館などが多いからです。ナビ搭載のレンタカーなら、時間を有効に使えます。

レンタカーを借りよう

旅行期間を有効に活用したいなら、レンタカーを借りましょう。早朝から深夜まで遊べるので充実した旅になります。意外な落とし穴として、地方は日中も移動しづらいです。そうしたことも考えて、旅行の計画を企てましょう。

関連する記事

Comments are closed.