乗り捨て自由、満タン返しナシのレンタカーが増えています

これまでのレンタカーは、借りた営業所に返さなければなりませんでした。不便ですね。とはいえそれでは、せっかくのレンタカーなのに利便性が悪いです。そこでレンタカー会社も考えました。一定の場所なら乗り捨て自由、つまりワンウェイシステムが増えています。これなら借りない理由はありません。

乗り捨て自由が増えています

レンタカーの利用を躊躇する大きな理由は、借りた場所に返さなければならないことです。これは旅の手段として考える際の障害になっていました。とはいえ最近は、別の営業所に返す、いわゆる乗り捨て自由のパターンが増えています。

県をまたいだ乗り捨ても可能です

これまでも乗り捨て自由のレンタカーはありました。しかし同一都道府県内に限定されていました。とはいえ旅先と考えれば、これも不便です。ちょっと県境を超えただけで使えなくなるのは前近代的なシステムです。旅に県境はないからです。

そこで最近は、県をまたいだ乗り捨ても可能になっています。行動範囲が広がります。超えてはいけない一線はなくなりました。家からレンタカーに乗って、目的地で返す、その逆パターンもOKです。

例えば旅行先でお土産を買い過ぎて荷物が増えた、何らかのトラブルで飛行機や電車が止まった、そうした場合でもレンタカーなら安心して自宅へ戻れます。最寄りの営業所へ返せるからです。

満タン返しなし

レンタカーの利用が伸び悩む理由は他にもあります。それは満タン返しです。知らない地域でガソリンスタンドを探すのは大変です。特に地方なら、日曜日に休むスタンドも多いです。それだけで大切な時間が消費されます。

そのため最近は、満タン返し不要のレンタカーも増えています。残りのガソリンを気にすることもありません。そもそも今後はEVやハイブリッド車が一般的になるので、そろそろ満タン返しという慣行はなくなっていくでしょう。

レンタカーを借りよう

乗り捨て自由、満タン返しなし、こうしたレンタカーに関する無意味な縛りが無くなっています。ならばレンタカーを借りない方がもったいないでしょう。旅先だからこそレンタカーを使って自由な旅行を続けましょう。

関連する記事

Comments are closed.