鉄道が少ない地方ならレンタカーが重宝します

東京や大阪などの大都市に住んでいると、車は逆に不便です。駐車場がないからです。もちろん電車やバスなどの交通網が発達しています。とはいえ旅行先ならどうでしょうか。必ずしも電車やバスがあるわけでもありません。ならば旅先でレンタカーを借りてみましょう。移動の自由度が高まり重宝します。

地方は鉄道路線が少ないので不便

東京や大阪は、日本でも例外的に鉄道路線が多い地域です。その感覚で旅行に出ると不便さを感じます。もちろん不便さこそ旅行の醍醐味かもしれません。慌ただしい都会の喧騒を忘れる、それも旅行の楽しみだからです。

とはいえ移動に困ります。慣れない場所なら、どのバスに乗れば良いかもわかりません。地元の人にとっては当たり前でも、地下鉄に慣れている都会人には、電車がないと不便です。宿泊先のホテルに帰るのも一苦労です。

次の電車まで待っていられない

電車の路線があったとしても、次の電車が来るまで1時間あるとしたらイライラしそうです。山手線の1分間隔が懐かしく思うでしょう。時間つぶしの観光地巡りであっても、バスなら途中の待ち時間がもったいないです。

のんびりするのが目的の旅なら良いかもしれませんが、それでも限度があります。時間つぶしに困ったら、レンタカーを借りましょう。ナビ付が一般的です。スマホのGPSも併用すれば、道に迷うこともないでしょう。

弾丸ツアーならレンタカーが便利

諸外国のように長期間のバカンスができればよいですが、日本人の旅行はせいぜい二泊三日です。そこに予定を詰め込む弾丸ツアーが一般的です。しかし地方だと交通網が発達していないので、次の観光地までどうやって行きますか。

タクシーを1日借り切る方法もあります。そちらの方が安全運転だし効率的です。高いとはいえサービス料金です。とはいえもっと自由に動きたいと思ったら、レンタカーを借りましょう。分刻みの計画でも問題ありません。

レンタカーを借りよう

不便さという非日常を体験するのが旅行なのかもしれません。とはいえそれでイライラするなら、旅行に来た意味がありません。交通網が不便な地方へ行くなら、レンタカーを借りましょう。交通渋滞も少ないのでストレスフリーな旅行になります。

関連する記事

Comments are closed.